Media Goのプレイリストを、簡単にDP-X1Aへ転送する方法。

Media Goのプレイリストを、簡単にDP-X1Aへ転送する方法。

2記事目も、以前のブログ記事からの転載&加筆となります。

ずっとめんどくさいと思っていたDP-X1Aのプレイリスト

Media Goからそのまま転送はできないうえに、やろうやろうとしても本体メモリに登録している曲しかプレイリストに登録されなかったり散々でした(相性の問題もありそうですが、、、)

いろんな記事を見ていたら自分でコードを書くだの何だのまったくわからなかったので、仕方なく本体を操作して作成していました。それが非常に面倒くさくてイライラしていました。

が、しかし

どうにかあてはないかと思い、更にネットの海を漂いそれっぽい記事をみつけ、それを読んだだけではわからなかったのですが、自分で試行錯誤しているうちにできるようになったので、同様に思っている方向けに手順メモをのこしておきます。

完全にMedia Goを利用している方向けの方法です。

自分で曲へのパスなんて書く必要はありません。

変にこれはこうなるからこうとかそういった理屈めいたことは書きません。(※そもそも私がわからない)

では手順を書き残しておきます。

手順1

Media Goで通常通りプレイリストを作成します。(曲は趣味全開。)

境ホラサントラの加藤達也氏の曲は疾走感あふれてテンション上がりますよ。

手順2

自分の転送したいプレイリストを右クリックし、プレイリストのエクスポートを選択します。

手順3

適当な場所(デスクトップなど)にいったん保存します。

この時に特に重要なのは、「ファイルパスをトラック」という場所で標準では「可能な場合は相対ファイル パスを使用」となっているのですが、「常に絶対ファイル パスを使用」を選択します。

手順4

手順3で保存したm3uファイルをメモ帳で開きます。

そして名前を付けて保存を選択します。

手順5

このとき重要なのは、文字コードを標準では「ANSI」となっていますが、ここは「UTF-8」を選択します。

手順5

手順4で上書き保存が完了したらDP-X1(A)のSDカードもしくは内蔵メモリを開いてすぐのところにドラッグ&ドロップします。

手順6

転送後、DP-X1Aのプレイリストをみると、Androidという場所の下に転送したプレイリストが表示されます。この横にある右端の点をタップすると、「プレイリストに追加」というタブが出るので、それをタップします。

そうすると、本体のプレイリストに追加されアートワークも表示されます。

以上で終了です。お疲れさまでした。

オーディオカテゴリの最新記事