ミニマムサイズに上質な音を。ZX300購入レビュー

ミニマムサイズに上質な音を。ZX300購入レビュー

先月、新しいDAP、ZX300を購入しました。

SONYのプレイヤーはWalkman A16以来となります。

つい最近までDP-X1AやAK70を使っていたのですが、ところどころ使っていると不便な点があったので、それを解決するDAPを求めていたところZX300が発売されました。

レビューは数回に分けます。今回はハード、音質のみとなります。

外観

 

全体像

非常にスリムで美しいです。サイドがラウンドしていることも持ちやすさにつながっています。

また、マットガラスを採用することによって以前のモデルよりさらに高級感が増しました。

画面上部

シルバーのSONYロゴ。黒の筐体に映えます。

ジャック部

3.5mmと4.4mmバランスです。黒に金色が映えます。

背面

NFC、walkmanのロゴが切り抜きで入っています。レザー調で非常に高級感があります。

ボタン類

手になじむよう、でっぱりは最小限に抑えられているうえ、触ったときに分かりやすいようポッチがついていたりと親切設計。

電源ボタン

電源ボタンは他のボタンにくらべて小さくなっています。

下部

ストラップホール、WM-PORTです。ストラップホールは地味に便利ですね。

左サイド

MicroSDスロットです。カバーを開けた内部に「Made in Malaysia」のロゴが。デザインを損なわないような工夫がみられます。非常に好感がもてます。

 

デザインに関して

<良い点>

・全体的にデザインが美しい。凝っている。

私はトータルの統一感で黒の方がいいかなと思い購入しました。やっぱり正解だったと思います。(シルバーもいいけど。)

WM1A,1Zでも同じようなサイドボタンのつくりがされていますが、非常に美しいです。「溶け込むデザイン」という感じがします。更に、MicroSDスロットの内側に「Made in Malaysia」と表示することで、外観デザインを損なわないようにするのは良いなと思いました。

また、ジャック部分は緩みないよう少しきつめになっています。金色のジャック部に黒ボディがマッチしているのもいいですね。

<イマイチな点>

・MicroUSB、USB type-Cでもなく、今更WM-PORT

これだけははっきり言って納得できない点です。ユーザーには何のメリットもない作りです。ケーブルを追加で運ぶのも面倒。次からは是非USB Type-Cを採用してもらいたいものです。

音に関して

<アンバランスについて>

よく他のレビューで「アンバランスはたいしたことない」と見ますが、実際そんなことないんじゃないか?と思ってます。必要十分な出力、バランスだと思いました。高域が若干少なめ低域多めだと感じますが、イヤホンの相性の問題もあると思いました。

イヤホンはWestone UM PRO30です。

TAMUSICさんのFFサントラアレンジ。Dash/疾走を聴きました。バイオリンの一音一音が凄く丁寧に聞こえます。正直僕としてはアンバランスで十分ですね。(TAMUSICさんおススメなのでぜひ聴いてください)

<バランスについて>

こっちはすごいですね。正直驚きました。いままでバランスジャックを使っているDAPを何台か持っていましたが、ZX300ほどバランスの恩恵を受けてるものはないと思うほどでした。

全体的に高解像度となります。音場も少し広くなり、聴いた瞬間に「おぉ!」となりました笑

イヤホンはAK T8iE MKIIで。

キングダムハーツのサントラ、オーケストラアレンジです、低域が非常に豊かに。さらに解像度の高いサウンドを鳴らします。コンサートホールの響きがそのまま伝わってくるようでした。

総括

見た目は美しく、小さく、ポータブル性もよく、音もよい。

不満点が他DAPに比べて圧倒的に少ないものだと感じました。オーディオ好きな方には非常におススメな一品です。また、オーディオ沼に片足浸かってるそこのあなたにもおすすめの最初の一台です。

WM1A、1Zをもっている人も、この小ささは持ち運びに最適だと思います。

ケースもフィルムも発売からもう2カ月以上経っているためそろっています。

是非検討してみてはいかがでしょうか。

(参考:SONY ZX300、eイヤホン ZX300購入ページ、Amazon ZX300購入ページ)

オーディオカテゴリの最新記事